レーザー脱毛のメリットデメリットと部位ごとの相性

医療機関で受けられる脱毛にレーザー脱毛があります。メリットとしては、医療機関で医師が診察した後の施術な為、肌が弱い方でも事前に肌状態を診てくれるので安心です。また、万が一のトラブルも迅速に対応してくれる環境があります。レーザーの特性で黒い物に反応して毛根にダメージを与える為、他の皮膚にダメージを与えず脱毛だけ効果的にしてくれます。威力が強い為、1回の施術でも効果を感じやすく、産毛や細い毛が多い背中や腕などにも効果が期待できます。
一方でデメリットしては、威力が強い為、日焼けなどでメラニンを多く含んだ肌で施術をすると火傷の危険性が増したり、上手く照射が出来ない場合もある為、施術自体を受けられない場合もあります。夏場に露出しやすい腕や脚、顔などは特に日焼け止め対策が欠かせない点があります。また威力が強い為に痛みを感じる人も多く、施術自体に苦痛になる人もいます。特にデリケート部分などの肌が弱い部分では麻酔を使用して施術するか、出力を落として施術をするなどして工夫します。痛みに不安な人は試しに施術が出来るのであれば痛み具合を確認するためにも試してみると良いでしょう。
また、一定の出力を当て続けると特に毛の細い背中や腕に硬毛化現象が生じる場合もあります。医療機関と相談して出力を変えてもらったり、機器を変更してもらうなどの措置をとる事で改善します。

コメントは受け付けていません。