ムダ毛処理の処理方法

ムダ毛処理で絶対にやってはいけないのが、毛を抜くことです。無理やり引き抜いてしまうこの行為は、1番毛穴を傷つけてしまうのです。失敗すると、色素沈着や埋没毛の原因になります。また、毛を抜いた後に赤み・プツプツが出来ていたら、それは毛細血管からの出血を意味しています。そして、1番スタンダートな処理の仕方としてカミソリがあります。手軽に出来ることから多くの人が使用している方法だと思われますが、手軽に出来るからこそ注意が必要です。カミソリで毛を剃る時、実は毛と一緒に皮膚の角質もそぎ落としてしまっているのです。だから、失敗すると埋没毛や炎症を引き起こす原因になってしまいます。肌への負担を最小限にするように心がけて処理する必要があります。処理の時の注意点は、まず、毛の流れに沿って剃ることです。また、肌がふやけて弱くなる入浴時や石鹸やボディソープを使って処理したり、生理前や体調不良時に処理をすることはおすすめしません。どちらも肌への負担が大きいことや失敗して肌を傷つけてしまった時も治りにくいからです。処理は2週間に1回程度とし、保湿を心掛けてください。また、浴室に放置せず乾燥させ定期的に交換して清潔の保持に努めてください。

コメントは受け付けていません。