家庭用脱毛器のメリットデメリットと部位ごとの相性

家庭用脱毛器のメリットとしては、費用を抑えて脱毛をする事が出来る事や自宅で自分のペースで行える為、サロンに通う手間や予約が取れないといった心配がありません。また手入れによっては長く使用できるのでコストパフォーマンスも良いです。
一方で家庭用脱毛器にもデメリットがあります。永久的ではないので施術をしても定期的にまた施術を行う必要があります。家庭で行う場合には周りが汚れないように準備をして施術が終わった後には機器の手入れや片付けが毎回発生します。一人で行う場合には背中やおしりなどの部分はしにくく、仕上がりにムラが出来る場合もあります。施術後肌を冷やす行為や日焼けした肌には使用を避けるなど、一歩使用方法を間違えば火傷や肌を傷つけるといったトラブルも起こしやすいです。家庭用脱毛器自体の保証はしてくれますが、肌トラブルにおいては保証はない為、サロンが良いと比べて保証面で劣る部分はやむを得ず、施術は慎重に行う必要があります。
また機器の種類にもよりますが、デリケートゾーンや顔の部分は使用上避けた方が良いとしている商品もあります。この為、施術対象に出来ない部位もある事もあるので購入時によく確認しておく事が必要です。

コメントは受け付けていません。